【サッカー部が、少しでも気になる保護者の方へ】

とてもとても悩んだ結果、昨年から我が家の2人の息子がサッカー部に入部しました。














【入部にあたり、親が腹を括った訳】


中学で運動部に入りたいのであれば、それを始めるのは少しでも早い方がいいという話をかねてよりしていたところ、少しだけ興味を持っていたサッカーをしたいと息子が言い出した事がきっかけです。次男もそれに引っ張られる形で入部しました。子供の意思。これで私も腹を括りました。ほら、結局悩んだり、腹を括らないと入られへん世界なんちゃうん?とか感じられた方、もう少しお付き合いください。



【サッカー部に入部して親が気づいた事】


そもそも自分自身、「スポーツをする事」が大好きでした。自分がするならまだしも、未熟な子供がスポーツしてるのを、毎週末潰して世話するなんて、耐えられないと思っていた1人です。そんな事をするくらいなら、週末は自分の時間に使いたいと。


ところが、そんな気持ち、サッカー部の息子達・娘達の頑張りを目にした時に、全て吹き飛びました。


日本人が一体となってサッカー日本代表を応援し、渋谷のスクランブル交差点でハイタッチで勝利を祝うあの感覚、阪神ファンがライトスタンドで、半ば命がけでタイガースを応援するあの感覚、それら全てを凌駕するほどの今までに感じたことのない感覚を、子供達の頑張る姿をみて得る事が出来ました。



【子供の可能性の凄まじさ】


子供の成長を見る場所は、運動会や参観日、発表会だけではなかった。。。

毎週末伸びて行く子供たちを見てみてやって下さい。

試合毎に上達していくし、大人が勝てないと思っていた相手にも勝ったりします。

本当に子供の可能性は無限大であると気づくはずです。

たかが子供のサッカーで、こんなに感動させられるのかと、気づくはずです。



【子供の劇的変化】


スポ少サッカー部に入ったお陰で

子供がゲームやスマホに触れる時間は激減しました。

食が細くて悩んでいたのが嘘のようにご飯も食べるようになりました。

サッカーを通じて、親子の会話も激増しました。

当然ながら生涯の友になるかもしれない仲間たちとも出会いました。

自ら考えて動く姿勢も身に付き始めています。



【で、結局、スポ少は大変なの?】


入部して1年経過しましたが、私は全く大変と思ったことはありません。

たしかに週末の朝早くから試合会場に子供たちを送迎したり、練習の立当番、手伝えない日はどうなるの?試合送迎で車を出せない時は?など、入部前のバリアになっていたことはいくつかありました。ところが、いざ入部してみると、毎回が運動会、発表会状態です。無理して席取りに並ぶ事なく毎回特等席で、カメラのファインダーを通す事なく、子供たちの成長を自らの目で見る事が出来る事に大きな価値があると感じてます。バリアは完全に無くなりました。なぜもっと早く入部しなかったのかと言う位に自らの価値観が180度変わりました。この思いに保護者間でのギャップはそんなにないと思います。

当然皆さんが同じように動ける訳ではないですが、そこはお互い助け合い、認め合いながら日々頑張っている、大人な人達の集まりです。保護者、指導者全員が、子供の成長と幸せを祈っている集団です。



【長文ですいませんでした】


なんか「あくまでも個人の感想です」という注釈が入る、怪しい健康食品の通販番組みたいで恐縮ですが、以上が1年スポ少の育成活動を通じて感じた偽りない私の本音です。


今年はワールドカップイヤーです。もしお子さんがサッカーに興味を持ったのであれば、是非、晴嵐スポーツ少年団サッカー部を勧めてあげてみて下さい。スポ少だけが全ての答えではないですが「晴嵐」を背負って、仲間と戦い成長するという経験はスポ少だからこそ出来るものだとと思います。


あなたと、あなたのお子さんが仲間になっていただけることを心よりお待ちしております。


このサイトを覗いていただき、長文に最後までおつきあい頂き本当にありがとうございました。


晴嵐スポーツ少年団サッカー部 

育成会(保護者)代表より。